少女時代のブログ【K-POPガールズグループ】

Girls' Generation SNSD、ソニョシデを応援しニュースや動画など紹介するブログ
Ads by Google







Top > NEWS > SNSD、世界をターゲット「意味ある挑戦」

SNSD、世界をターゲット「意味ある挑戦」

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年10月に発売した『Hoot』から1年ぶりに国内舞台にカムバックするSNSDは19日午前0時、正規3集タイトル曲『The Boys』音源とミュージックビデオを公開した
少女時代『The Boys』公開するや、音源チャート席巻

『The Boys』音源はiTunesを通じ全世界で同時公開し、アメリカではユニバーサルミュージック傘下のレーベルであるインタースコープレコーズ(Interscope Records)を通じ『The Boys』マキシシングルを11月アメリカ発売、ヨーロッパや南米にも出荷される予定で、アジアを越えて世界へ向かうSNSDの地位をうかがうことができる

カムバックを目前に控えた17日、取材に答えたSNSDメンバーは皆口を揃えて「久しぶりのアルバム活動で負担感もなくはないが、それなりに準備をたくさんしたので、期待もたくさんしている」と話した

末っ子ソヒョンは「長い間、席を外しただけに一日も早くファンの方々を訪ねたいです。日本ツアーをする間、韓国での活動を早く見たいという声が多かったが、いよいよ韓国で活動することになったので、より一層成長した姿をお見せしたいです」と語った
ユリは「今回のアルバムには本当に様々な色の曲が含まれている。SNSDの強みである”エネルギー”を感じる事が出来る曲もあるので期待してください」と自信を見せた

この言葉通り、アルバム『The Boys』の食膳は豊かだ。強烈なビートとパワフルなラップが印象的なタイトル曲『The Boys』、SNSD特有の溌剌さを生かした「テレパシー」と「Say Yes」、スヨンが初めて作詞に挑戦したR&Bバラード「春の日」、日本1stアルバム収録の「MR.TAXI」韓国語版など様々なスタイルの曲が並んでいる

SNSDは21日、KBS『ミュージックバンク』でカムバックを持つ。同時期にはSECRETはじめT-ara、ワンダーガールズなどのガールズグループと競争しなければならない
しかしSNSDメンバーは競争よりも同じ舞台を楽しむ姿勢でいるようだ

「(ワンダーガールズは)元々親しいです。一緒に活動することになれば楽しいと思います。懐かしい話もたくさん出るだろうし」(テヨン)
「コンサートを見る前のようにときめきます。(ワンダーガールズが)アメリカに行ってどれだけ学んだか知っているので、期待している」(スヨン)

「日本でツアーをしてきて、舞台に対してもお互いに対してもより多くの愛情ができたようです。遥かに固い絆になりました。多くの方が愛してくださるだけに、私達もよりアップグレードされた姿でお返しします」





source:kihoilbo


Ads by Google

タグ:SNSD

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

サイトHOME

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...